支援する「市民節電所ネット」

 5名でグループを作った皆さんは、下記の協定書のような内容で、これから1年単位の省エネ・節電、さらにCO2排出削減に取り組み、当ネットも役割を果たします。

 市民節電所「まほろば」でも、市民の役割、事務局にあたる当ネットの役割をお互いに確認し、登録証と覚え書きとして、一年単位の協定を結びスタートする。
 協定の内容は市民節電所のそれに準ずるが、具体的には、市民の役割として5~10名で節電所を作り協定を結び、1年間省エネ・節電に取り組み、毎月今年と前年の電気・ガスの使用量を報告する。 また、事務局は市民の自主的取り組みを積極的に支援するとし、情報提供のほか情報交換会などを開催する。
 1年後、節電所が削減した電気・ガスの使用量


○市民節電所ネットワーク(NW) の役割
 ① NWはグループの自主的取り組みを積極的に支援します。そのため、情報提供のほか、各グループとの
  グループミーティングやセミナーあるいは情報交換会やシンポジウムなどを開催します。
 ② グループが前年に比べ1年間で削減した電気とガスの使用量に対応するCO2量を1キロあたり2円で
  NWは買い取ります。
 ③ NWは本取り組み、市民節電所「まほろば」の運営について広く公表します。