市民節電所「まほろば」募集中

 市民節電所ネットワークでは、一般市民の省エネ・節電に向けた取り組みを支援し、その実をあげることを目指します。そのために、主に次の3つの活動を行います。

○この活動はどのようなもの?
 皆様は仲間とグループをつくり、市民省エネ・節電所ネットワーク(NW)と協定を結び市民節電所「まほろば」に参加する。
 1年間電気・ガスの使用量削減に取り組み、毎月報告して頂きます。
 1年後CO2に換算した削減量に応じたお金をグループとして受け取ることができます。その間、NWは情報提供などでお手伝いし、皆様とともに市民(家庭部門)の節電・省エネ/CO2排出削減の実を

次のような参加者を募集します。

1.温暖化防止に寄与したい方
2.エネルギー問題解決に寄与したい方
3.エネルギーの地産地消を目指したい方
4.人の為、子や孫の為にやりたい方
5.国内初の取り組みに参加したい方
6.省エネ・節電活動を長く、確実に続けたい方
7.グループで楽しく活動したい方
8.電気代・ガス代を節約したい方
9.省エネ・節電の情報を知りたい方
10.しっかりした数字で成果を出したい方
11.カーボンクレジットを提供したい方
などなど

市民節電所「まほろば」募集要項


ステップ1 参加申込
○参加者の要件
・ 市民個人ではなく、5名以上のグループ
・ 1年間にわたり前年同月の電気・都市ガスの使用量と比較ができること

○申し込み方法
・ 参加者は参加票(個人用)に必要事項を記入し、グループ世話役にお渡し下さい。
・ 世話役は参加申込書に必要事項を記入し、参加者全員(ご本人を含め)の参加票(個人)写しを添付して
 NW事務局に提出してください。

○登録証交付 
 事務局で申し込み書の内容確認後、下記の書類をお渡しいたします。
・ 電気・ガス使用量の「月次報告書用紙(グループ用)」と「月次報告書用紙(個人用)」。
・ 電気使用量・ガス使用量「通知票貼付け用紙」(個人用のみ)で、1年後に確認しますので各自保管して
 おいてください。
・ 登録証


ステップ2-1 省エネ・節電の取り組み支援(スケジュール)
 年月日       内 容
協定直後     協定後、登録証交付
協定後1月   「市民節電所『まほろば』に参加しよう」*1として、各種情報交換をする
 ~12ヶ月     ・グループ(節電所)ミーティング開催(各グループ1回)*2
         ・情報交換会(対象:参加者全員)*3
         ・夏と冬の省エネセミナー(年2回)
         ・情報誌「市民節電所だより」発行(年3~4回)
         ・報告会あるいはシンポジウムなど開催
協定1年後    1年間のグループの削減量の確定とCO2削減量買取
         (電気・ガスの通知票の前年と今年との使用量から算出)
終了       活動結果と評価結果の公表等 (希望により、活動の継続は可能)


ステップ2-2 電気・都市ガス使用量の報告
①世話役の方は、 
 (1) グループのメンバーの方に事務局の提供する個人用報告用紙をお配りください。その際、メンバーの方
  に報告の方法をご説明ください。
 (2)メンバーの電気・都市ガスの使用量のデータを集め、その数値とグループ全体の使用量(今年・前年)
  を、グループ用の用紙にご記入の上、事務局にFAX、メール、郵送してください。
②メンバー方は、
 世話役に毎月使用量(今年・前年)をお知らせください。 また、使用量の通知票を台紙に添付し1年分を各自保管しておいてください。1年後に確認させていただくことがあります。

ステップ3 CO2削減量に応じた買い取り額をお支払い
 報告頂いたグループ(全参加者の合計)の1年間の電気・都市ガスの使用量(今年・前年)から算出したCO2削減量に応じた買取額を、当ネットワークからお金をお支払いいたします。


◆スタート時と状況が変わった場合
・設備の大幅変更(オール電化、ガス設備など)による電気とガスの使用量はそのまま計算します。太陽光
 発電の発電量は考慮しません。
・家族構成人数は、帰省など例年のものはそのままとし、考慮しません。ただし、長期の留守や長期間や
 永続的な人数変化などは考慮します。