今なぜ省エネ・節電?

地球温暖化の影響が顕著になり、世界では2015年12月に法的拘束力のあるパリ協定が採択され、日本では2030年までに2013年比26%削減(家庭部門では4割削減)するという目標を掲げました。一方3.11の原発事故後脱原発の議論はあったが、現在は原発をベースロード電源とするとして、再稼働に向けて粛々と進められています。 地球温暖化とエネルギー問題を同時に解決できるのは省エネ・節電です。しかし家庭部門の電気・ガス使用量は増え、そのCO2排出量は1990年に比べ50%も増加しており、適切な施策が打たれていないとも言える。 そこで、「市民の省エネ・節電をすすめ、さらにCO2排出ゼロを実現するシステム」を提示し、市民のCO2排出削減の実を上げることを目指す。