「まほろば」の活動実績

市民節電所「まほろば」の活動実績

① 参加節電所と世帯数の推移
 「まほろば」がスタートした2016年6月には参加節電所は6つ、参加世帯は39世帯でした。ところが、「まほろば」の「いつでも、どこでも、だれでも参加できる」という特徴が生きて、このグラフのように参加節電所も世帯数も順調に増えて、今では11節電所、80世帯になっています。
 今までの活動規模を何世帯が何ヶ月取り組んだかで、世帯・月で示すと、1,800世帯・月になりました。900世帯が2カ月間取り組んだことと同じです。


② 参加節電所の取り組み状況
 「まほろば」のもう一つの特徴として、取り組み期間が「1年間」という長い取り組みがあります。その上に、さらに継続することもできます。それを示すのがこのグラフで、参加節電所の取り組み状況を示しています いままで13節電所が各々1年間の活動に取り組んできました。この黄色い帯です。その後も多くの節電所が活動を続けていますが、2年目は薄いブルーの帯で、3年目はオレンジ色の帯で示しています。
 縦軸に参加世帯数を取っているので、4~25世帯です。世話役が体調を壊したために途中でやめる1グループ以外は全て期間を全うしています。

 


③ 月ごとの電気・ガス使用によるCO2排出削減率
 この2年半を2016年6月~17年5月を第1期、2017年6月~18年5月を第2期に、2018年6月~10月を第3期に分け、月ごとのCO2排出削減率についてを対比して示したのが、このグラフです。 プラスが削減できていることを示しています。前年増加した月は今年削減でき、前年削減できた月は今年増加するという関係が見て取れます。

④まほろば全体のCO2削減量
 2年半の各期ごとの電気によるCO2排出量、ガス使用によるもの、両方を合わせたCO2排出量を図5に示します。 電気はその排出係数の変化を考慮した実質排出量で示していますので、第1期は6.6トンの削減、第2期は4.0トン削減ですが、第3期はその影響がなく、僅かに増加になりました。でも、第3期は今年の暑い夏を含んだ6月~10月の短期ですがほとんどゼロで抑えています。皆様の努力が表れているのでしょう。敬服します。

(2)「まほろば」活動の評価?
 この「まほろば」の活動は対外的にも高く評価されいろいろの賞を受けてきました。例えば、低炭素杯2017のファイナリスト40に選ばれ、全国大会に出場、優秀賞を受賞しました。 また、環境省のグッドライフアワードでは実行委員会特別賞を3年連続受賞しました。