お願い

    
 

(1)お願いの経過

 地球温暖化やエネルギー問題に対し市民レベルでの対応策が求められる中、市民と効果的・継続的に取り組める国内初の方策「市民省エネ・節電所」を示すことができました。この取り組みを広め、市民(家庭部門)の節電・省エネさらにはCO2排出削減の実を上げることが課題となっていますが、これは私たちの弱小団体にとっては手に負えない代物です。
 皆さんの積極的な参画こそが助けになると考えています。


(2)各種のお願い

①市民節電所「まほろば」の参加者として
 「まほろば」の参加者として、友人や仲間数名でグループをつくり、世話役を1名決め、当ネットと協定を結び、1年単位で省エネ・節電に取り組むことをお願いします。温暖化防止に直接寄与できますよ。

②地域で市民節電所の企画者・事務局員として
 主に行政、NPOや協議会(地球温暖化対策地域協議会など)の方が対象となりますが、地域で市民節電所を企画し、事務局となり、参加者のグループ(節電所)を募集し、それらの省エネ・節電への取り組みを情報的手段とCO2排出削減量買取で支援して下さい。市民の省エネ・節電を支援する費用対効果の高い施策になりますよ。
 一方当ネットは連携を取りながら情報の共有とカーボンオフセットに参画する。

③CO2排出ゼロ宣言者(またはカーボン・オフセット推進者)として
 市民節電所で買い取ったカーボンクレジットをCO2排出ゼロ宣言者が活用できるようになっており、地産地消を目指すことが大事で、「まほろば」ではすでに進めています。
 カーボン・オフセットの実施は各市民節電所がバラバラに図るより、当市民節電所ネットに移管し、そこが一括して行う方がより信頼性が高まり、オフセットしやすくなります。

④当ネットの事務局スタッフとして
 当ネットの事務局は、市民への啓発・広報事業の事務局と、市民節電所「まほろば」運営の事務局を果たしています。ほとんど無償のボランティアにより支えられ、運営できていますが、新たなスタッフが加われば、事業を拡充でき、運営の効率化が果たせるでしょう。

⑤当ネットの会員として
 当ネットの会員として、当ネットの事業に参画することも、間接的に支援することも出来ます。現在正会員は26名で、その年会費は有力な活動資金になっています。
会員になる
 正会員(個人): 年額2,000円(学生半額)、 正会員(団体):年額10,000円(市民団体は半額)、
 賛助会員:随意

⑥支援者として
 当ネットは、NPO法人として、市民の皆さんと省エネ・節電、さらにCO2排出ゼロに取り組んでいます。いままで順調な活動をしてきましたが、さらによりインパクトのある活動にするために、皆様のご理解とご支援が必要です。ご寄付による資金援助、市民の省エネ・節電、さらにCO2排出削減に関する情報提供をお願いします。
【振込先】
 南都銀行 学園前支店  普通2180402 名義: NPO法人市民省エネ・節電所ネットワーク